公認会計士高田直芳 会計物理学&会計雑学講座

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる









はてなブログは、ウェブリブログのバックアップ用であり、更新には数日の遅れがあります。

はてなブログ内のリンクはすべて、ウェブリブログへ接続します。

公認会計士高田直芳:大不況に克つサバイバル経営戦略【ダイヤモンド・オンライン】


大不況に克つサバイバル経営戦略
【ダイヤモンド・オンライン】


以下は、ダイヤモンド・オンラインへ寄稿したコラム「大不況に克つためのサバイバル経営戦略」の、目次一覧です。

第150回 【前編】会計理論をあざ笑うヤフーの業績を斬る!ミクロ経済学は「おもちゃの豆鉄砲」なのか?
第150回 【後編】会計理論をあざ笑うヤフーの業績を斬る!ミクロ経済学は「おもちゃの豆鉄砲」なのか?
第149回 【前編】アベノミクスに踊らされたハウスメーカーの苦悩 消費税8%の「高金利」を貪る政府の高利貸し事業の正体
第149回 【後編】アベノミクスに踊らされたハウスメーカーの苦悩 消費税8%の「高金利」を貪る政府の高利貸し事業の正体
第148回 【前編】証券業界の固定費、手数料の通念を疑え!野村・大和とSBI・マネックスはどこが違うのか
第148回 【後編】証券業界の固定費、手数料の通念を疑え!野村・大和とSBI・マネックスはどこが違うのか
第147回 肥大化するNTTを、もはや誰も止められない。コスト削減活動が「徒労に帰す」これだけの理由
第146回 戦艦大和のコスト管理手法が税金を食い散らかす!国立大病院で会計システムがお蔵入りしたワケ
第145回 増税で混迷のヤマダ,ビック,エディオン,ケーズ。倒産確率デフォルト方程式などの独自分析で斬る!
第144回 就活生に人気の東京海上や三井住友海上、保険よりも株高円安で稼ぐビジネスモデルへ変貌か
第143回 円安で泣く者、嗤う者。日立製作所とセブン-イレブンの為替変動パニック度を測る。
第142回 これも「ゴーン・マジック」なのか?3期連続で増収「減」益を繰り返す日産自動車の不可解
第141回 損益分岐点や限界利益は、暗愚が用いる指標なり。瑕疵ある理論からは瑕疵ある実務解しか導かれない。
第140回 キリンビールの地盤沈下が止まらない?CVP分析や限界利益は経営判断を誤らせる元凶なり
第139回 電通の決算書に隠された意図を読む。よく働きよく遊ぶ人の稼働率はどれくらいなのか
第138回 人材派遣会社テンプの「一人勝ち」となるのか?パソナとともに陥る「囚人のジレンマ」
第137回 3期連続無配のシャープは復活したといえるのか?「在庫の積み増し」だけで増益を画策できる会計制度の罠
第136回 ニフティのブランドはもはや通用しない?富士通に見るスクラップ・アンド・ビルドの必要性
第135回 管理会計が引き起こす粉飾決算 ドラッグストア業界は左から仕入れて右へ売るだけのビジネスモデルなのか
第134回 ウォークマンやVAIOは「セミ・クラシック」と化すのか。ソニーを襲う「ひとり負け」の構図
第133回 輸入産業は「円安限界点」を把握しているか?ユネスコ無形文化遺産となった「和食」の価値を問う
第132回 トヨタ・パナソニック・東芝の業績回 復は本物か?「タカダ式為替感応度分析」で“円安業績”を検証する
第131回 一線は越えたが「二の線」は踏みとどまった!?リソー教育(東証一部上場)粉飾決算事件
第130回 「実務で役立つか」ではなく「理論的に正しい」としか主張しない「会計アカデミズム」の偽善
第129回 日産・コマツ・ソフトバンク・イオン──上場14社で実証する「企業価値の実務解」
第128回 アベノミクスでハローキティの付加価値が急落?現代の会計理論が容認する「情報システムによる隠蔽工作」
第127回 ワタミ業績不調の方程式 F(x)=(増収)×(減益)+(相乗効果)の解を求める
第126回 非財務情報だけではわからない 財界総理となる東レの実像
第125回 しまむらや洋服青山などの流通業界では何故「制度としての原価計算」がタブー視されるのか
第124回 ファーストリテイリング幹部は知るや知ら>ざるや。ユニクロに忍び寄る「利益なき繁忙」の影
第123回 利潤最大化を目指さないのか、目指せないのか?東京ディズニーの不思議なビジネスモデル
第122回 名は体を表わし決算書は企業の体を表わす。ヤオコーやヨークベニマルは決算書で何を語るか
第121回 「企業価値」の本当の意味。私鉄4社(東急・小田急・近鉄・阪急阪神)に株価バブルを見る。
第120回 TBSやテレビ朝日の稼働率は50%に満たず。視聴率競争と採算割れに怯える放送業界の実態
第119回 「禁断の実」を手に入れたフジテレビ。「負ののれん」を呑み込んだ企業の行く末は?
第118回 ライバルの芝生は青く見える?会計学が経済学から見下されるこれだけの理由
第117回 口紅の原価はおいくら?「ちまちまと原価計算する人々」の存在が企業の操業度不足を生む
第116回 ドコモが扱う「iPhone」の吉凶を、EBITDAで占う
第115回 がんばれ、ソニー!業績はちっとも悪くない!分析できぬ輩が寄ってたかってソニーを腐す
第114回 ぺんぺん草の余力を残す三井住友と規模の不経済に陥った三菱UFJ
第113回 業績上昇局面に入ったトヨタに、ニッサンやスズキは追尾できるのか
第112回 ビッグデータの時代に、日立製作所や東芝を個人で分析するのは不可能なのか
第111回 スターバックスの経営戦略がドトールの香りとマクドナルドの旨味をかき乱す
第110回 最強の「魔法石」を持つ者は誰か。ガンホーの「パズドラ」が任天堂やグリーを凌駕する理由
第109回 楽天の業績は管理会計から見て「良い」のか「悪い」のか
第108回 妄信的に「固定費削減」に取り組むべからず!その先に「粉飾決算の罠」があることを忘れずに
第107回 製薬業界の「結果オーライ業績」が自己資本利益率ROEを攪乱させる
第106回 「円安減益」の気配漂うコマツと「規模の不経済」に陥った米キャタピラー社
第105回 業績好調のクロネコヤマトでも越えられぬ。収益拡大の前に立ちはだかる「官の壁」
第104回 ぐるなびの焦り。カカクコム食べログを迎え撃とうとして陥った増収減益の罠
第103回 「超円高→超円安」という往復びんた。石油元売り業界の円安限界点」はどこか
第102回 コンビニ市場は飽和状態か?セブン-イレブンにはまだ2倍の成長余力あり
第101回 デフレ不況でカネを持て余す?イオンやセブン&アイの贅沢な悩みと量産効果の求め方
第100回 富士重の株高でトヨタの笑いが止まらない?スバルは、とんがったクルマでいられるのか
第99回 「弱気なトヨタ」と「強気のNTT」2013年3月期の業績予想を占う
第98回 インカムゲイン型のKDDIは、キャピタルゲイン型のソフトバンクを追撃できるのか
第97回 ソフトバンクは「電波を売る不動産業」。兵站が伸びきったM&A戦略の先に何があるのか
第96回 消費増税の起爆装置「経済成長率3%」の落とし穴。稼働率50%の日本経済は奈落の底へ
第95回 シャープを襲うキャッシュフローの空洞化現象。単純な資本注入では再生計画は頓挫する
第94回 パナソニックは自転車操業に陥ったか?業績悪化とキャッシュフローの脆弱性
第93回 NECと富士通を通説で語るべからず。人員や固定費削減の前にすべき大切なこと
第92回 大学やビジネススクールでは教えてくれない「東芝の4次元モデル分析」
第91回 「AKB48」と「全日空&駐車場のパーク24」に、同じビジネスモデルを見る
第90回 拝啓、上場企業殿。自らの「コスト管理の欠陥」を棚に上げ、下請けイジメをするなかれ
第89回 ファナックには「あり」、シャープとルネサスエレクトロニクスには「ない」もの
第88回 昇る日産自動車、沈むガリバーインターナショナル。自動車業界共倒れの構図を見る
第87回 【円高と日経平均株価】グローバル・マクロとアルゴリズム投資が市場を攪乱する
第86回 【三菱ケミカル&旭化成】化学業界を侮るべからず!タックス・プランニングの奥義を見る
第85回 【高島屋】百貨店の沽券を売り渡すのか。潤沢に積み上がるキャッシュに潜む経営戦略
第84回 【楽天、ヤフー、SMBC日興証券】企業は常に史上最強の「がちんこ経営戦略」を追い求める
第83回 【ゾゾタウン】現金回 収の早さは成長性を保証しない。ZOZOは楽天に伍していけるのか
第82回 【セブンイレブン&サンドラッグ】コスト削減が重要な企業ほどその本質を知る由もない
第81回 【東京海上&エルピーダ】需要蒸発に企業の経営戦略が「必ず失敗する理由」を見る
第80回 【日本たばこ産業】「カップヌードルごはん」を食べながら「コスト削減」の空虚感を味わう
第79回 【NTT、東レ、電通、全日空】政治・特許・シェア・ライバルの要素で見る「独占の系譜」
第78回 【ニッサン/ヤマダ電機/ソフトバンク/富士通】需要供給曲線から“企業の個性”を導く
第77回 【DeNA&グリー】ゲームのライフサイクルから、低生産性・低収益性の核心問題まで
第76回 【三菱商事&キリンHD】中小企業のM&A戦略に見るキャッシュフローと税の限界問題
第75回 【ソニー】エレクトロニクス企業として復活するために必要なこと
第74回 【ホンダ】業績迷走は円高や大洪水の天災ではなくコスト管理の人災と判断する理由
第73回 【トヨタ自動車】利益増減分析表で暴くトヨタの虚実
第72回 【ファーストリテイリング】今年の冬はブームを作れるか?ユニクロの死角を再び問う
第71回 【製紙業界】大王製紙「監査の重過失」と円高メリットを放棄して海外脱出する業界の行く末
第70回 【家電量販店】ヤマダ電機は先行き弱気?業績予想からマクロ経済の明日を予想する
第69回 【任天堂】クリスマス商戦は勝算あり?危険な賭け?3DSテコ入れで起死回 生なるか
第68回 【東京電力&NTT】債務超過の顛末と、安定成長銘柄の主役交代を占う
第67回 【三菱重工業&日立製作所】日経平均急落の背後で進む「株式市場の空洞化」とは
第66回 【産業の空洞化】それはいつから始まったのか。企業を追い詰めた民主党政権の罪
第65回 【ニトリ&ABCマート】円高は輸入型企業や内需型企業にも営業「減」益の逆風になる
第64回 【為替レート感応度分析】に見る「メディアの惰性」と「危機感なき円高問題」
第63回 【ホンダ&ニッサン】「円高の恐怖」と国内雇用を守るトヨタ「一人負けの構図」
第62回 【スーパーゼネコン】国際会計基準IFRS導入延期が株式市場に与える影響
第61回 【富士フイルム】「V字回 復を目指したリストラ策」と「がんばらない経営戦略」の相克
第60回 【日本マクドナルド】減益必至のフランチャイズ制度と、店舗まるごとコストダウン戦略
第59回 【東京ディズニーリゾート】利益増減分析表で暴く舞台裏。大混雑と低収益の矛盾をつく
第58回 【ヤフーvs.楽天】プロ野球番外編。決算データに隠された「会計処理の深謀遠慮」
第57回 【JR東日本】正確な運行ダイヤとは裏腹に年度末が近づくと業績が暴走する意外な素顔
第56回 【東芝】大震災や原発事故に伴う経済的損失は試算できるのか
第55回 【建設機械】業績予想の「下方修正」と、大震災に便乗した「逆粉飾」決算を警告する
第54回 【日本電産】前期の弱気から今期は強気へ!超優良企業が行う業績予想の「方向性」
第53回 【最適資本構成】「一般公式はない」通説の大ウソ。算数で導き出す「実務解の正体」
第52回 【トヨタ&デンソー】完成車メーカーだけでなく部品メーカーまでもが海外脱出を図る理由
第51回 【ソニー】産業空洞化は不可避なのか?エレクトロニクス業界が耐えられる円高の限界
第50回 【自動車産業からニッポン経済まで】輸出立国を維持できる円高限界点はいくらか
第49回 【電機業界】「円高の恐怖」は過ぎ去ったか?上場企業が怯える「円高限界点」を求める
第48回 【日立製作所】総花式&薄利多売の経営戦略で、業績回 復の十字路に立たされる
第47回 【パナソニック】家電エコポイント終了後はどうなる?その業績回 復はホンモノか?
第46回 【アサヒビール】全国100万社に蔓延する「コスト管理の誤謬」を糾弾する
第45回 【フジテレビ&日本テレビ】横浜ベイスターズ売却に揺れたTBSの巧みなシナリオ
第44回 【投下資本利益率ROI&EBITDA】グループ全体最適化を崩壊させる親会社のジレンマ
第43回 【ユニ・チャーム】日の丸が星条旗(P&G)に絶対に勝てない理由
第42回 【味の素】業績不安定でも1兆円超だから安心?キャッシュフロー分析でその実像に迫る
第41回 【日清食品】“机上の空論”と化した経済学を実務に適用!「赤字に転落しない売上高」
第40回 【花王】キャッシュフローは「事実>」を表す鏡。超優良企業の資金戦略を丸裸にする!
第39回 【日本郵政】世界最大の金融機関は過去の栄光。キャッシュフロー分析でみる前途多難
第38回 【シャープ、ソニー、三菱電機】六大電機メーカーの勝手格付け大公開
第37回 【ソフトバンク】企業価値の最大化をすでに実現? 超優良企業というのは本当か
第36回 【これもIFRS】消費増税に伴う中小下請けの悲哀と、益出しに奔走する上場企業の未来
第35回 【国際会計基準IFRS】ニッポン企業が背負う絶対的なハンデと、確実なる惨敗
第34回 【ファーストリテイリング】絶好調ユニクロと、消耗戦のビール業界に共通する意外な死角
第33回 【京セラ&日本電産】IFRS時代に使える新経営指標「戦略利益」の実力
第32回 【住友商事】売上高が3分の1に減少。IFRSで陥りがちな経営分析と管理会計の罠
第31回 【伊藤忠商事】商社は冬の時代から抜け出せたか?財閥系と非財閥系の優劣を問う
第30回 【新日鉄&住友金属】売上高30%ダウン! 鉄鋼業界の斜陽化が加速する理由
第29回 【武田&アステラス】医薬品業界を襲う「2010年問題」と国際会計基準(IFRS)
第28回 【キャノン&リコー】不況と電子化が業績を直撃! 事務機器の来し方行く末
第27回 東証一部上場の98.4%が「ドンブリ原価計算」である事実を弾劾する
第26回 【トヨタ】>リコール前から黄信号が点滅。株価指標PERに見る自動車業界の優勝劣敗
第25回 【東芝・三菱電機・日立製作所】なぜ日本の電機メーカーは韓国製品に完敗するのか
第24回 【パナソニック】決算短信や四半期報告書では見抜けない業績回 復の真相
第23回 【ソニー・富士通・NEC】なぜ「健全なる赤字決算」を続けられるのか
第22回 【官業ビジネス】フリーライダーとデフレを食いものにする官業ビジネスの弊害
第21回 【トヨタ&ホンダ&ニッサン】生産管理の鬼も苦戦!固定費削減による業績回 復の真実
第20回 【JT日本たばこ】売上高4兆円が一瞬にして蒸発する国際会計基準(IFRS)の憂鬱
第19回 【財政】債務超過283兆円!JALよりも憂うべき赤字国債の深刻度
第18回 【コマツ&クボタ】景気は本当に回 復したのか? 在庫調整に潜む罠
第17回 【三井不動産】優良企業でさえ「ダメ会社」としてしまうフリーキャッシュフローの罪
第16回 【日本航空】迷走しつつも綱渡りの資金繰りを続けられる「したたかな戦略」
第15回 【REIT不動産投資信託】不動産不況下で見るROEの脆弱性
第14回 【キリン&サントリー】零細流通企業が追い込まれる飲料業界の経営事情
第13回 【NTTドコモ】売上高4兆円で足踏みする「一人負け」の構図
第12回 【ソフトバンク】NTTを超えられない理由
第11回 【地銀・信金・信組】自己資本を水増しする繰延税金資産の罠
第10回 【メガバンク】資本増強は「焼け石に水」。公的資金の影が忍び寄る過少資本問題
第9回 【セブンイレブン&ローソン】流通業界のコスト管理にメスを入れる
第8回 【ニトリ&ポイント】売上減少と赤字決算に潜むコスト管理の本質的問題
第7回 【ファストリ】ユニクロ独り勝ちの死角を敢えて問う
第6回 【東芝】>最適資本構成からかけ離れた東芝の危機
第5回 【ソニー】地道な努力によるブランド戦略は不況でも急低下しない現場の力による
第4回 【シャープ】不況の裏に垣間見える電機各社の弱点
第3回 【トヨタ】ニッサンとホンダの追撃を侮れない懐事情
第2回 【ホンダ】真の苦境は不況にあらず。大企業を襲う「亡国の租税制度」
第1回 【ニッサン】派遣切りが事業効率向上につながらない理由