公認会計士高田直芳 会計物理学&会計雑学講座










はてなブログは、ウェブリブログのバックアップ用であり、更新には数日の遅れがあります。

はてなブログ内のリンクはすべて、ウェブリブログへ接続します。

公認会計士高田直芳:悉皆性(しっかいせい)って何?

初出:2015/04/09
悉皆性(しっかいせい)って何?

先日(4月6日)のブログでは、「閾限界」という難語を紹介しました。 今回は、「悉皆性」です。 これは「マイナンバー制度」の資料に登場します。
次の画像は、内閣官房作成資料より。 上記の画像の上から2行目に、「悉皆性(住民票を有する全員に付番)」という語が記載されています。 日本の官僚って、優秀だなと。
正直いって、「悉皆性」という語を知りませんでした。 でも、なんとなく意味がわかってしまうのが、表意文字がある日本語のいいところ。 音読みの「悉皆」を、訓読みすれば「ことごとく、みんなに」ということだから。 2015年10月以降、国民すべてにマイナンバーが割り振られたので、そのとき家族に「これって『しっかいせい』というんだよ」と自慢しましょう。
【関連ブログ】