公認会計士高田直芳 会計物理学&会計雑学講座










はてなブログは、ウェブリブログのバックアップ用であり、更新には数日の遅れがあります。

はてなブログ内のリンクはすべて、ウェブリブログへ接続します。

公認会計士高田直芳:『クローバー・レイン ~シロツメクサの頃~』大崎梢


『クローバー・レイン ~シロツメクサの頃~』
大崎梢


前回のブログ記事「配達あかずきん ~成風堂書店事件メモ~」に続いての、大崎梢作品。
この作家は、長編よりも短編のほうが似合う、と思っていたのだけれど、どうしてどうして。 「クローバー・レイン」は、前半で、読者のハートを鷲づかみにします。
その前半を読んだところで、迂闊にも、終わりの数ページを読んでしまいました。 「ああ、そういう結末に収束していくんだね」と。 これは反則でした。
ミステリーかと思って手に取った作品ですが、ストーリーは、私の苦手な純文学に近いもの。 どうしてどうして、とても面白い作品でした。