公認会計士高田直芳 会計物理学&会計雑学講座










はてなブログは、ウェブリブログのバックアップ用であり、更新には数日の遅れがあります。

はてなブログ内のリンクはすべて、BIGLOBEウェブリブログへ接続します。

公認会計士高田直芳:不正会計と粉飾決算の境目


「不正会計」と「粉飾決算」の境目

2015年7月21日付の日本経済新聞「きょうのことば」で、面白い記事を見つけました。

損失隠しや利益の水増しが組織的に行われ悪質性が高くなると「不正会計」、刑事告発されて事件になれば「粉飾」と呼ぶのが一般的だ。

日本経済新聞、2015年7月21日付
へぇ、そうなんだぁ。 「粉飾」と呼ぶには、刑事告訴を条件とするのが、「一般的」なんだ。
私も随分と長い間、管理会計・経営分析・原価計算の分野に携わり、それなりに自負するものがありますが、そういう「一般的」な解釈があることを、今日、初めて知りました。
へぇ、そうなんだぁ。
企業に対して低姿勢で臨むことが「一般的」だとするならば、今後、あらゆる企業で「不正会計」が蔓延(はびこ)り、もっと巨額の「不正会計」が起きる可能性があります。 そして、誰も、「これは粉飾決算だ」という罪悪感を抱かなくなることでしょう。
私には、100万人の会計専門家が信じて疑わない「一般的見解」や「絶対的通説」に対抗する術(すべ)を、次の受賞論文で明らかにしていますが──
他の人は、無茶な論陣を張らないようにしましょう。 東芝問題が、粉飾決算にまでは至らないとなると、金額が大きい割りには、中味は幼稚だった、ということか。 そういえば、オリンパス事件には気骨があり、「敵ながらアッパレ」という印象がありました。