公認会計士高田直芳 会計物理学&会計雑学講座










はてなブログは、ウェブリブログのバックアップ用であり、更新には数日の遅れがあります。

はてなブログ内のリンクはすべて、BIGLOBEウェブリブログへ接続します。

公認会計士高田直芳:『不機嫌な職場』高橋克徳・河合太介・永田稔・渡部幹


『不機嫌な職場』
なぜ社員同士で協力できないのか
高橋克徳・河合太介・永田稔・渡部幹


従前ブログ『女はトイレで何をしているのか? 毎日新聞夕刊編集部』で紹介されていたもの。 2008年にベストセラーとなったビジネス書。
協力関係とインセンティブの話は、なかなかのもの。 インセンティブとは、動機づけのこと。
昔から付き合いのある者同士であれば、気心が知れているため、インセンティブが少量であっても、協力関係を容易に築くことができる。 それに対し、見知らぬ者同士では、相手に大量のインセンティブを与えなければ、相手は協力してくれない。
なるほどなと。
インセンティブをどうするかは、第5章と最終章で詳しく紹介されています。
いま読んでも色褪せない内容は、先見の明があったというべきか、組織はいつまで経っても不機嫌なままというべきか。
小説仕立てにしたら、もっと面白いことになっていたかも。
広告を非表示にする