公認会計士高田直芳 会計物理学&会計雑学講座

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる










公認会計士高田直芳:「机の上でなんかやっているやつらには負けない」NHK超絶凄(すご)ワザ!

タカダ式操業度分析vs.古典派会計学 すべてを表示 雑学 趣味 読書 鑑賞 活動履歴

「机の上でなんかやっているやつらには負けない」
NHK超絶凄(すご)ワザ!
摩擦ゼロに挑め!究極のすべーるBAR対決


2016年11月12日と19日の2週にわたって放映された、NHK『超絶凄(すご)ワザ!摩擦ゼロに挑め!究極のすべーるBAR対決』に、快哉を叫んだ人は多かったと推測しています。
従業員13人の町工場(株式会社不二WPC)が、国の研究機関(国立研究開発法人物質材料研究機構)を、木っ端微塵に粉砕したのだから。
私(高田直芳)は、万歳三唱してしまいました。
本ブログのタイトル『机の上でなんかやっているやつらには負けない』は、株式会社不二WPCのリーダーが、番組の冒頭で発したセリフ。 鳥肌が立ってしまいました。
「机の上でなんかやっているやつら」や、「税金で無駄メシをくっているやつら」などに、次の受賞論文で展開している「タカダ式操業度分析に基づく管理会計論」や「タカダ式変動予算に基づく原価計算制度」などわかるまい。
監査法人コンサルティングファームなどの、中小零細企業を見下したような態度に、ぐっと堪(こら)えている経営者や会計事務所は多い。 「机上の空論」を振り回す連中に負けるわけにはいかない、と気を引き締めたのでありました。 今回の放映は、自分を奮い立たせるために、永久保存版です。