公認会計士高田直芳 会計物理学&会計雑学講座

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる









はてなブログは、ウェブリブログのバックアップ用であり、更新には数日の遅れがあります。

はてなブログ内のリンクはすべて、ウェブリブログへ接続します。

公認会計士高田直芳:『ブラック・ヴィーナス』城山真一


『ブラック・ヴィーナス』城山真一
2016年・第14回
このミステリーがすごい!大賞』受賞作


表題タイトルにもあるとおり、2016年『このミステリーがすごい!大賞』受賞作。
期待して読み始めたのですが、もう少し何というか──。 舞台設定に、不自然さが残るというか。
キャラクターがユニークなので、TVドラマにすると面白くなるのかな。
著者の就業体験や現場取材に裏付けられたものではなく、机上で金融関連の書籍を読みあさって執筆した、という印象。 原発問題やインサイダー取引に関して、著者の主張がさらりと盛り込まれていますが、取って付けたよう。 さくさくと読み進めていたところ、いきなり冗長な文章が現われるので、すぐにわかります。
銀行員の肩書きを用いたものとしては、「池井戸潤半沢直樹シリーズ」があります。 その4部作を読んだ後で、『ブラック・ヴィーナス』を読むと、物足りなさが残る。 単行本に対する投資額(購入額)に見合うリターン(読後感)があるかと問われると、こいつは難しい。 タマ(命)と引き換えの、ヤクザ者の義理堅さに、少しお釣りがくる程度。 文章表現そのものはプロ級なので、次回作に期待しましょう。
広告を非表示にする