公認会計士高田直芳 会計物理学&会計雑学講座










はてなブログは、ウェブリブログのバックアップ用であり、更新には数日の遅れがあります。

はてなブログ内のリンクはすべて、ウェブリブログへ接続します。

公認会計士高田直芳:綾瀬はるか主演『万能鑑定士Qモナリザの瞳』


綾瀬はるか主演
『万能鑑定士Qモナリザの瞳』


日本経済新聞で「ヘリコプターマネー」という語で検索をかけると、過去1年分だけで100件以上もヒットします。 それに関連してあれこれ調べているときに、「万能鑑定士Q」に行き当たりました。
「万能鑑定士」については、第1巻を読んだとき、どうにも馴染めなくて途中で挫折。
その後、ヘリコプターマネーとどういう関連があるのだろうと頭の片隅に置きつつ、先日、『万能鑑定士Q モナ・リザの瞳〔DVD〕』を視聴して、「面白いじゃないか」ということで、再び読み返しました。 なるほど、「万能鑑定士」は、第2巻まで読まないことには、その面白さが理解できないのだなと。
本格推理やハードボイルドの難点は、人を殺しすぎること。 「万能鑑定士」では、殺人事件が起きない。 そこに好感を持てることを再確認。 ハードボイルドに対峙するもので、コージーミステリーというらしい。 『ビブリア古書堂の事件手帖』と同じジャンルです。
第2巻は、偽札事件。 フィクションと思えば楽しめます。 それに、いろんな雑学も知ることができるし。 グーグル地図に、「アーグルトン」という架空の地名があるなんて、知らなかった。 「著作権トラップ」というらしい。 参考にしよう。 著作権者と名刺交換しただけなのに、「著作権使用の許諾を得た」と主張するヤカラがいるらしい。 キュレーションサイトの闇は深い。 みなさん、気をつけましょう。