公認会計士高田直芳 会計物理学&会計雑学講座










はてなブログは、ウェブリブログのバックアップ用であり、更新には数日の遅れがあります。

はてなブログ内のリンクはすべて、ウェブリブログへ接続します。

公認会計士高田直芳:『ぼくはまだ、横浜でキスをしない』樋口有介


『ぼくはまだ、横浜でキスをしない』
樋口有介


このブログを開設したのは、2015年3月から。 それ以前に読んだ小説については、原則としてこのブログでは取り上げていません。
鬼平犯科帳』 『新宿鮫』 『十二国記』といったものは、全冊を取り揃え、ときどき読み返してはいるものの、このブログで取り立てて感想を述べることはしていません。
また、本ブログ開設以降、感想を開示しているのは、3冊か4冊のうちの1冊程度。 多読のわりに、ブログで披瀝している感想は、おざなりです。 そうした中で、今回紹介するのは『ぼくはまだ、横浜でキスをしない』。 表紙や挿入画を含め、樋口ワールド全開で、満足いくストーリーでした。 言葉を喋る三毛猫は、『涼宮ハルヒの憂鬱』(谷川流)でも登場していた。
樋口作品の何がいいかと問われれば、そこに男のロマンを感じ取れるから。 男って誰しも、その少年時代、「自分は悪ガキだった」と自慢する傾向があります。 樋口作品は、そこらあたりを、くすぐってくる。 モテモテ男と、いい女の組み合わせ。 主人公の洗濯好きは、必須のアイテム。 解析幾何学法人税法の専門書に取り組みながら、ラブラブなミステリー小説を読むのも悪くない。
樋口有介という作家を知ったのは、はるか昔。 『ぼくと、ぼくらの夏』で衝撃を受け、『風少女』で、ぞっこんでした。 開高健が絶賛したのも肯ける。
風少女
樋口 有介
amazon.co.jpで買う
樋口作品は、そのいくつかで改定版が出されています。 出版業界としては珍しいこと。 読むなら初版本。 改定版は総じて、毒気が抜かれているので注意が必要。 もちろん私は、初版本も改定版も、書棚に取り揃えています。
私立探偵・柚木草平シリーズは圧巻です。 これって、TVドラマにならないのかなぁ。 軽妙洒脱な会話と目線の動きを、いまの若手俳優がどれだけ演じられるか。 その演技力について、ナンシー関のコメントを読みたいところだけれど、それは叶わぬ夢。