公認会計士高田直芳 会計物理学&会計雑学講座










はてなブログは、ウェブリブログのバックアップ用であり、更新には数日の遅れがあります。

はてなブログ内のリンクはすべて、ウェブリブログへ接続します。

公認会計士高田直芳:因果関係の逆転その1クルーグマンミクロ経済学章末問題


因果関係の逆転その1
クルーグマンミクロ経済学
章末問題


クルーグマンミクロ経済学第2版』89ページ

章末問題「9.保険会社の要請」

  1. 「家財損失の程度」と「消防士の数」について

    1. 消防士の数を増やしてしまったために、家財の損失量が増えてしまって迷惑している。

    2. 家財の損失量が増えてしまったために、消防士の数を増やすハメになった。

  2. 保険会社の要請は誤り。

    なぜなら、「家財の損失量」と「消防士の数」との間には、因果関係がないから。

    本当の原因は、火事にある。

    保険加入者への支払いを減らすためには、火事の予防を、市に対して要請する必要がある。

【注】問題や正答については、著者・訳者または出版社へ問い合わせるように。