公認会計士高田直芳 会計物理学&会計雑学講座

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる









はてなブログは、ウェブリブログのバックアップ用であり、更新には数日の遅れがあります。

はてなブログ内のリンクはすべて、ウェブリブログへ接続します。

公認会計士高田直芳:法務の蹉跌需給曲線のシフトと需給曲線上のシフトの違い


法務の蹉跌
需給曲線のシフトと需給曲線上のシフトの違い


需給曲線とは、需要曲線と供給曲線の合成語。
上掲書「第3章 需要と供給」で口酸っぱく説明されているのが、「需給曲線のシフト」と「需給曲線上のシフト」とを混同するな、というものです。
「需給曲線上のシフト」よりも、「需給曲線のシフト」のほうが重要だということも。
特に、ある商品の価格が変化するとき、それは需要曲線のシフトによるものなのか、供給曲線のシフトによるものなのか、には注意する必要があります。
  1. 例えば2017年4月29日付の日本経済新聞では、「ヤマト、宅配便を年8000万個抑制、平均15%値上げ」とありました。 これは、需要曲線のシフトによるものなのか、供給曲線のシフトによるものなのか。 【答え】主たる要因は、需要曲線のシフトにあります。
  2. 例えば2017年4月28日付の日本経済新聞では、セブンイレブンに続き、「コンビニ2社も値下げ、ローソンとファミマ、日用品5%」とありました。 これは、需要曲線のシフトによるものなのか、供給曲線のシフトによるものなのか。 【答え】主たる要因は、供給曲線のシフトにあります。
何故そうなるのかは、自分で考えること。 次の関連ブログを避けて通るようでは、見込みなし。
【関連ブログ】
M&Aが失敗する原因の1つとして、社内にエキスパートを揃えたのはいいが法学部出身者ばかりとなってしまい、経済学の知見を持つ者が一人もいない点を指摘することができます。 これを「法務の蹉跌」といいます。 最近、4千億円もの減損を計上した上場企業に、「法務の蹉跌」の感ありやなしや。 需給曲線を疎かにすると、企業価値が毀損し、減損処理の荒波に呑み込まれますよ。
広告を非表示にする